加工してほうれい線を消すことと、本当の自分

だめな脱毛エステ > ほうれい線 > 加工してほうれい線を消すことと、本当の自分

加工してほうれい線を消すことと、本当の自分

ほうれい線があると老けて見えますが、ほうれい線っておばさんだけのものではありませんよね。不思議なことに、若い人でも目立つ人がいるんですよね。同年代の友達はそんなこと気にしなくていいのに、ほうれい線が目立つ若い子は流行のメイク以外に、ほうれい線を消すことも考えなくてはいけないから可哀想だなと思います。加齢によるほうれい線ではないでしょうし、どう対策していいか分からない人もいるのではないでしょうか。肌質とか、生活習慣とか、顔の骨格とか、そんな違いでしょうか。肌質や骨格は変えるのは難しいですが、生活習慣は変えることができそうですよね。片方だけで食べ物を噛まないとか、頬杖をつかないとか、普段何気なくしていることが積み重なって体に影響を与えることってありますからね。

 

自然にほうれい線を消すことを考えよう

 

でも今は写真映えがよければいいみたいなところもありますし、光を飛ばしたり加工したりでほうれい線を消すことができれば、実際の自分のほうれい線なんて気にしないのかもしれません。現実の世界よりも加工した世界にいるほうがそりゃ汚い部分は見せなくていいし、楽かもしれませんけどね。でも表面上だけの幸せアピールって時々むなしくならないのかなって思ったりします。